INFORMATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース&トピックス
  4. 内本町の魅力 「おおさか」の誕生

内本町の魅力 「おおさか」の誕生

古墳時代に「難波津」(なにわづ)と呼ばれる港ができ、大和朝廷の海への玄関口として発展しました。

平安時代になって中国に頼らない日本風の文化が生まれると、難波津もあまり重んじられなくなりました。しかし大阪は水上・陸上両方の交通が集まっていたところですから、源平の内乱や南北朝の内乱、さらに戦国時代、しばしば戦いの舞台となりました。

 

1496年(明応5)、本願寺8世蓮如(れんにょ)が「摂州東成郡生玉之庄内大坂」に寺院をたてました。後の、いわゆる「石山本願寺」です。その境内には商人などが住む「寺内町」(じないまち)がつくられました。

 

これが、「大坂(大阪)」という町の誕生です。

 

この町は、今の大阪城あたりにあったと考えられています。

周囲には堀・塀がめぐらされ、城と同じようなつくりになっていました。

 

しかしその後本願寺が織田信長と争い、1580年(天正8)8月に大阪を明けわたして去ると、寺内町も焼けてしまいました。

 

関連記事

error: Content is protected !!