INFORMATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース&トピックス
  4. 個人事業主と法人の節税対策の違いとは?

個人事業主と法人の節税対策の違いとは?

事業を始めるとき、個人事業主と法人とどちらで始める方が都合がいいのでしょうか?
利益が大きくなれば、ほとんどの人が法人化します。それは、個人事業主よりも法人の方が節税できる手段が多いからです。
 
【個人事業主の節税対策】
・青色申告(65万円控除)
・小規模企業共済
・経費の領収書
【法人の節税対策】
・役員報酬(自分の給与を経費にできる)
・家族への役員報酬
・自宅を社宅にする
・生命保険での節税
その他、法人ではもっと多くの節税方法があります。会社を細分化して売り上げを分散するのも一つの手法です。
節税を効果的に行わなかったが為に税金の支払で廃業しなければならなくなるといった事態は避けたいですね。

 

関連記事

error: Content is protected !!