受付時間:平日 9:00~18:00 06-6949-8303 お問い合せ・内覧予約

個人事業主様必見!!
大阪のバーチャルオフィスなら、アクアメディックスへ。
女性スタッフが常駐でお客様をサポートいたします。

個人事業主の給与はいくらもらえるの?

ニュース&トピックス個人事業主の経費・節税 | 2016年10月25日

 
個人事業主は、サラリーマンのように決まった収入はありませんね。

では、個人事業主の給与ってどう申告するのでしょうか???

所得税法においては、個人事業主が自分自身に給与を支払うという考え方はありません。

毎月の売上そのものが収入であり、かかった経費が支出になります。

つまり、「売上-経費=所得」という考え方ですから、残ったお金が全て自身の所得になるのです。
1年間の実績である、確定申告が個人事業主の所得です。

 
では、なぜ給与という考え方がないのでしょうか?

それは、給与を経費として認めてしまうと、個人事業主の所得を0にしてしまうことが出来るからなんです。

 

 

生活費として使いたいときはどうするのか、以前にも説明しましたね。

 

↓こちらで確認してみてください。
http://ameblo.jp/aquamedix/entry-12101417854.html

 
「事業主貸」として処理をします。

その逆で個人の預金を会社の事業費として使う場合は、

「事業主借」として処理します。

 
そして、年末に「事業主貸」と「事業主借」を精算すると、どちらか一方の残高が存在することになりますね。

事業主貸が多ければ、個人の支出に使用した費用が出ます。

 

 
こうして個人事業主は会計していくのです。

 

 

 


«  |  »

Top戻る