受付時間:平日 9:00~18:00 06-6949-8303 お問い合せ・内覧予約

個人事業主様必見!!
大阪のバーチャルオフィスなら、アクアメディックスへ。
女性スタッフが常駐でお客様をサポートいたします。

名刺交換のマナー

ニュース&トピックスバーチャルオフィスオススメ | 2016年6月9日

名刺は紙ですが、お客様に対して自分のことを知ってもらう重要なツールです。
そして、名刺交換は、一番最初に行う挨拶の一つになるのです。
少なくとも、お客様の前で、いい加減に扱ってはいけません。

 

 

 

名刺交換をする際には、自分の名前を名乗りながら渡す のが 基本 です。

 
「株式会社○○の△△と申します。よろしくお願い致します。」
と挨拶して、名刺を渡します。

 

 

 

無言での名刺交換は、挨拶でなくなりますね。

 

 
それから、名刺交換を行う場合、たいてい同時に双方が名刺を差し出すことの方が多いと思います。

 

 
そのような場合、先に差し出す方が、相手に対して敬意を払っているということになります。

 

 

先に受取る方がお客様ということです。

 

 

なぜかというと
先に受取る方は、自分の名刺を手に持っており、相手の名刺を受け取る場合に、片手でしか受取れません。

 

 

 

 

後から受取る方は、相手の名刺を両手で受取ることが出来るため、後から受取る方が 相手の名刺を大切に受取ること ができます。

 

 

 

基本的に来社頂いた方と名刺を交換する場合は、相手が差し出す名刺を自分が先に受取っても大丈夫です。

 

 

 

 

ただし、相手が あなたにとって とても重要なお客様 の場合は、自分が先に差し出す(お客様に先に受取ってもらう)ようにするのです。

 

 

 

名刺を受け取とったら、お名前の読み方などを確認します。

 

 

 
分からない場合は、「失礼ですが、お名前はどのようにお読みすればよろしいのでしょうか?」

などと読み方などを確認するのはマナー違反ではありません。

 

 

 

 
後になってから確認するのは、むしろ失礼になります。

 

 

 

 

 

そして、受取った名刺は名刺入れにすぐにしまっても構いませんが、そのまま商談などに望む場合は、相手の名前や肩書きなどを間違えないように、テーブルの上に置いたままにします。

 

 

 

 

その場合は自分の名刺入れをテーブルの上に置き、その上に相手の名刺を置くのがマナーです。

 

 

 

 

 
複数人と名刺交換をした場合は最も 上席者 を名刺入れの上に置き、そのほかの人の名刺はテーブルの上に並べて置いておいてもいいですよ。


«  |  »

Top戻る